スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣果ポイントの移り変わり

皆さん、ご無沙汰しておりました。結婚式ラッシュも終わりやっと一息つけた感じのMASAです。

今シーズン、いや!ここ近年の皆様方の釣果を思い返した際、気づいた点があったので、今回はそのことについてカキコみたいと思います。

まず、ハッキリと言えること、それは釣果ポイントの移り変わりにあると感じました。
数年前は河川でも安定した釣果がみられました。当然、私のホームである日向川でも良い釣果が出てました。が、年数を重ねることにその釣果は激減。日向川においては地形の変化が最たる要因であるかと考えますが、それにしても、豊川河口、北港サーフ、温排水、更には最上川と、ことごとく釣果が落ちているようです。(居付きが多い新井田川は例外)
で、変わりに例年よりも釣果が著しく伸びているポイント、それは十里塚、青塚、宮海と言ったサーフであります。特にこの時期はサーフでの釣果が目覚しいのは当然ですが、それにしても、その釣果の違いが歴然とし過ぎています。
その原因として今年は特に気候が関係していることは間違いないと思いますが、それに伴い私は以下のように勝手に考えております。

 ・ 捕食スタイルとベイトフィッシュの変化
 ・ 年間を通し海水温が高くカタクチが多い = 落ち鮎捕食等で遡上する必要性が少ない
 ・ 川の渇水や採砂作業の為、場所によっては地形が大きく変化した

直ぐに思いつく所ではこんなトコでしょうか。
当然、サーフでの釣果が多いということは、私たちシーバスアングラーとしても攻め方が大きく変わります。つーか、変えなければいけません。観察眼と言った個人個人のスキルはもちろんのこと、タックルにしてもサーフ戦に好ましいレングス&パワーがあるロッドや装備等、釣果ポイントに合わせ流動的に行かなければいけなくなりました。

で、最後に「今までの経験や知識、ノウハウだけでは一切、釣果が出ない。」← 私のことですが ・・・。
と改めて思います。サーフ戦、私としては特に不得意なフィールドではないにしても、そもそもサーフを攻める装備が乏しい(><)。ということで今まで何回も書いたよーな気がしますが、タックルにしても一からの気持ちで今後望んでいきたいと思う今日この頃でした。

PS : 読んでくれた方、長々とスイマセンです。m(._.*)mペコッ
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

私の現状と今後

ダイワ(Daiwa) ファントム2 ブライト
ダイワ(Daiwa)ファントム2 ブライト


皆様、最近の釣果はどんな感じでしょう。私はというと釣り以前にブログの更新すらままならない、忙しい日々を送っておりました(す)。
なんたって10月に2回 + 今月13日の結婚式出席にあたり、余興の練習やなにやらで釣りに時間が割けません(ノω・、) ウゥ・・・。最近は荒れた状況の日が多いですが、友人の報告によるとその天気の合間、少なからず大物の釣果を出している様子。う~ん、良い時期で行きたいトコではあるが行けない ・・・。
更に追い討ちをかけ、結婚式が多い = 多大な出費による財政難ときたもんだ。こりゃ救いようがないっすわ。

とにかく今はただただ落ち着いて釣りに没頭できる時間が欲しいと願う今日この頃でした。

PS : みなさん、せめて私の分まで良い釣果出しちゃって下さいませp(´⌒`。q)グスン

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。