スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こまかい釣果、その代償

邪道 ヤルキ スパークリング スーサン
邪道 ヤルキ スパークリング スーサン


ここ数日、雨の合間をぬって、各ポイントでは40cm前後のシーバス(たまにランカー)が釣れています。各言う私も土曜の夜、日向川にて4本GET※1。

※1 : 全て40cm以下(ノω・、) ウゥ・・・ってゆーか、最大でも35cmにすら届いてないかも。

その釣行の中、人生初のスーサン投入。先日届いたばかりのこのカラー ・・・ まぁ、なんと素敵なんざんしょ。
しかぁ~し、1投目にてこのスーサンは私の手元に戻ってくることはありませんでした。

「在り得ねぇ~~!!」
スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

ちょっとした情報

いや~、先週末、酒田の浜中サーフで結構な数のシーバスが釣れたみたいですね~。
私の知る限りでは9本、しかも最大サイズは96cmだったようです(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!。
どうやら、釣果のほとんどがワームでのことだったらしいのですが、「今頃、バチパターン!!」って感じ。
もちろん、ヒラメも相当数釣れたみたいだったので私も行きたかったのですが、いかんせん、浜中の場所(ポイント) ・・・ 知らん(><)。とにかく、シーバス&ヒラメともに川南の各ポイントで好調っぽいですので、行けるかたは是非トライしてみてはいかがでしょうか?

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

最近買ったお気に入り

オサムズ・ファクトリー(osamus-factory) リトルフィッシュホルダー
オサムズ・ファクトリー(osamus-factory) リトルフィッシュホルダー


いや~、暑い日が続きますね~。シーバスの釣果を考えればここで1発、ドシャっと雨が降ってくれれば良いのですが(><)。
と、今日は最近、私が購入したタックル類の中で気に入っているものをご紹介します。
実はこのところ釣れないであろうシーバス戦を回避し、ロックフィッシュに没頭しているワタクシですが、あまりに釣れすぎる為、少しでも手が汚れないようにと購入したのがこちら、リトルフィッシュホルダー

ぶっちゃけコレかなり良いです。あっさり外れそうな時は手で外していますが、そうでない場合、少しでも汚れた手でリールを触りたくないですからマジで良いかも。ま、お金によゆーがあればリトルフィッシュホルダーメタルが欲しかったのですが、私の財布では ・・・ (ノ△・。)コレゲンカイ。

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

釣果報告 サイズに難あり

先週から各サーフで良型のキスが釣れ始めた。これはチャンスとばかりに久々にヒラメを釣るべくAM03:15より出撃して来ました。

【日時】2010年06月09日 AM04:40 中潮
【釣果】イナダ40cm、36cm、ヒラメ39cm
【場所】宮海サーフ
【タックル&ヒットルアー】
EVERGREEN(エバーグリーン) ポセイドン ゼファー PZS-88
Daiwa(ダイワ) セルテート 2500
ZIPBAITS(ジップベイツ)ザブラシステムミノー11F アカキン
DUO(デュオ)タイドミノースリム120 ヒラメピンク

丁度、夜が明け始めた頃からキャスト開始。波、風ともになくヒラメを狙うには好むべき環境。しかし、初バイトはと言うと、一瞬にして本命ではないことを確信させる走りっぷりで、案の定イナダ(40cm)。そしてその直後またバイトが ・・・ う~ん、先程と同じ感じ。やっぱりイナダ(36cm)2本目。この時点でも嬉しい事には変わりないのだが、あくまでも今回の本命はヒラメ。今までの攻め方を変え、リアクションバイトを誘発するべくストップ&ゴーを入れ、瞬間的な変則アクションをリトリーブ中に加えてみる。「ガツ!」来ました待ち望んでいたこの感じ。やっと本命のヒラメGET(39cm)。
釣れてはみたもののサイズが微妙 ・・・Σ(゚Å゚)。せ、せめてもう1cm。



 ← 画像をクリックして頂けると拡大表示します。

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

これが実力。・゚・(ノε`)・゚・。

雄物川水系後期解禁に合わせ、前日の5月31日より米代川行って来ました。

深夜23時より場所取りを開始し、明け3時より釣行開始。

太陽が昇り、近くの道路には出勤の為だろうか、車の往来が多くみられる中、ワタクシのロッドは凛として沈黙を守り続けたまま。
一緒に行ったAさん、Bさんは既にストリンガーにキラキラ光る物体 ・・・ が、正午を過ぎても私にはそのキラキラしたモノ釣れてません(つーか、釣る釣らない以前にバイトすらありません)。

それから15分後 ・・・
ここでBさん、キラキラしたもの1本、追加 = 私、釣れてません。
更に帰る予定時間間際、Aさんも1本、追加 = WATASHI TURETEMASEN。

はい、雄物川遠征終了っと。
4時間近くかけ現地へ行って、深夜に場所を取り、更に寝ずに夜明け ~ 夕方までぶっ通しのキャスト。
「皆釣れないなら納得も出来る!」が、嗚呼無常。他2人は仲良く2本づつ。
ワタシ、その2人の間でやってたのに ・・・ (ノω・、) ウゥ・・・

ココに来て私の実力が十二分に発揮された感じにて今回の遠征は終了です。

国破山河在 城春草木深 感時花濺涙
恨別鳥驚心 烽火連三月 家書抵万金
白頭掻更短 渾欲不勝簪

今回ばかりは釣りたかったのに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。